■仮想通貨 パソコンの自動起動・停止

そんなわけで、電気代で赤字になるという仮想通貨の採掘用パソコン。少しでも電気代を節約するために、単価の高い10時から17時までの稼働を止めようと思います。かといってその時間にいちいちパソコンをシャットダウンしたり起動したりなんてできませんから、パソコン自身に自動的にやらせましょう。

 

10時にパソコンをシャットダウンするにはタスクスケジューラを使います。Windows10だったらメニューのWindows管理ツールのなかにあります。

タスクの作成で、トリガーに 9時57分、毎週の月曜から土曜を選択します。10時までにシャットダウンさせるためにタスクを 3分前に起動することにします。日曜日は昼間も朝夕料金になりますので停止せずに稼働させます。祝日も一日朝夕料金なのですが、これは設定できないのでその都度手動で操作することにします。

操作は「プログラムの開始」、プログラムは「C:¥Windows¥System32¥shutdown.exe」、引数の追加は「/s /t 30 /f」とします。タイマーを30秒にしているのは、何か作業しているときにタスクが起動してしまった場合、シャットダウンを停止させるための猶予時間です。シャットダウンの停止コマンドは「shutdown -a」です。

 

つぎに、17時にパソコンを起動させる方法ですが、これはパソコンのBIOSを利用します。

BIOSはパソコンによって異なりますが、パワーマネジメントのなかに指定の時間に自動起動させるメニューがあるものが多いです。これで17時03分に起動するよう設定します。このときも17時前に起動しないように 3分だけ起動時刻を遅らせておきました。

 

パソコンが起動したら自動ログインするようにし、スタートアップで採掘を起動させます。

自動ログインはファイル名を指定して実行から「control userpasswords2」を起動して設定します。「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外します。

スタートアップには起動用のバッチファイルを登録すればよいですね。スタートアップフォルダはファイル名を指定して実行から「shell:startup」で開きます。

 

あ、起動用バッチファイルの作り方、ですか?

minergate-cli.exe のあるフォルダを開いて、空白部分をShift+右クリックして PowerShell でもコマンドウィンドウでも起動し、次のコマンドを入力します。

 

echo "minergate-cli.exe -user hoge@gmail.com -fcn+xmr 1" > start.bat

 

これで start.bat というバッチファイルができます。こいつのショートカットをスタートアップフォルダに放り込めばおしまい。ちなみにショートカットをデスクトップに置いとけば、ダブルクリックするだけで採掘開始できますね。

 


■仮想通貨 電気代はいくらかかる

仮想通貨の採掘はパソコンにかかる電気代を考えると採算が合わない、とあちこちのサイトに書かれていますけど、どうなんでしょうね。

 

俺の場合、採掘用に24時間稼働させたパソコンは Vista機が 1台です。これは普段、あまり使っていませんでした。

通常使っているWindowsパソコンが 2台ありますが、これらは家にいて就寝中以外はずっと稼働しています。作業の邪魔にならないときは採掘させるようにしていますので、まぁ多少は消費電力が増えるでしょうが考えないことにします。

あとは会社のパソコン (^_^;) こいつも除外です… 内緒です…

ってことで、電気代を考えるのはVista機 1台です。ネットで調べると 80W程度らしいですが、まぁだいたい100W程度見込めばいいんだろうと思います。

 

電力量料金ですが、俺んちは北陸電力のエルフナイト10プラスという契約です。オール電化全盛時代のもっとも夜間電力が安いプランで、原発が停止してしまった現在はもう新規契約できないやつです。それどころか今後はオール電化の家は料金アップになるそうですよ。うちはオール電化ではないので対象外になることを希望です。

さて、エルフナイト10プラスは時間帯ごとに電力量料金が違うのですが、冬場の 1日の料金を平均すると 18.25円/KWhです。100Wを24時間稼働すると 43.8円、30日で1,314円になります。

1週間の採掘額が約46円、30日だと 197円ですね。差し引き 1,117円の赤字。

 

じゃ電力量料金の安い夜間だけ採掘するとどうなるか。

22時から翌8時までは 7.77円/KWhです。Vista機を夜間10時間だけ稼働させることにしたとき、採掘量は35%減となると見込みます。採掘額は128円、電力量料金は233円となり、差し引き 105円の赤字。

朝夕の割引時間も稼働させるとすると13.28円/KWhで17時間稼働できます。採掘量を18%減と見込むと、採掘額は161円、電力量料金は677円となり、516円の赤字。

つまり、電力量料金の高い10時から17時の採掘をやめることで、電力量料金を半分にできるってことです。

 

あとはチープなマシンの採掘効率を少しでも上げる方法を考えれば、採掘にかかる電気代なんて気にならなくなるんじゃないでしょうか。そして将来モネロの価値がぐーんと上がったら、なんて夢を見るのが楽しいじゃないですか (^_^;)

 


■仮想通貨 いつcomfirmされるの?

現在のDashBoardです。

 


DashBoard

 

 

 

採掘を始めて 1週間になるのにいまだに unconfirmed のままです。unconfirmed はそのうち confirmed になるそうなのですが、いったいいつなのでしょうか。あちこちのサイトを見ているとすぐに確認されるような感じなんですけどねぇ。俺なにか間違ってます?

 

そんな疑問に答えてくれたのが「[Question] unconfirmed coins : Monero」でした。

質問は「 I was wondering why my monero coins from mining aren't showing up as confirmed. 」 まさに俺の疑問にどんぴしゃです。

MinerGateさんから次のコメントがあります。

 

When Minergate shows "unconfirmed" it means we have credited your shares but won't let them get withdrawn unless the pool finds a block. Usually it happens within 10 minutes. All your rewards will get confirmed as soon as the pool finds a block and your balance hits minimum: 0.005XMR. Keep mining and everything will get settled like a charm :)

 

つまり、通常10分おきにプールがブロックを見つけるが、見つけたときに 0.005XMR 以上あれば confirmed になるよ、ってこと。俺はまだ 0.0027XMRしか採掘していないので確認されないってわけだ。もう 1週間かかるって感じですね。

 

さて、このコメントに対して文句言ってる人がいるわけで、じゃ他の通貨はどうなんだ、とか、なんでお前のサイトにこのことが書いてないんだ、とか、これがわかるまでに大変苦労したぞ、とか (^_^;)

確かに、Monero はわかったけど FantomCoin はどうなんだろう、と思うわけだけど、ある程度の量が採掘できていれば確認されるんだとわかっただけで俺は十分。とにかくコツコツ採掘しましょ。

 


■仮想通貨 採掘画面

仮想通貨の採掘を開始したときのコマンドウィンドウですが、こんな表示をしています。

 

[2017-11-22 14:11:18.716] [ info]  Pool parameters query...
[2017-11-22 14:11:20.597] [ info]  Loading miners...
[2017-11-22 14:11:20.598] [ info]  Miners loaded successfully
[2017-11-22 14:11:21.150] [ info]  Successfully connected to pool: stratum+tcp://fcn-xmr.pool.minergate.com:45590. session_id="xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx"
[2017-11-22 14:11:21.150] [ info]  New Job: job_id="yyyyyyyy-yyyy-yyyy-yyyy-yyyyyyyyyyyy" ……

[2017-11-22 14:11:21.150] [ info]  New difficulty: 1063

[2017-11-22 14:11:30.612] [ info]  FCN+XMR hashrate: 24.7781 H/s

 

何を示しているのか詳細は知らないのですが、4行目で「stratum+tcp://fcn-xmr.pool.minergate.com:45590」というプールに繋がっていることがわかります。MinerGateで採掘しているので MinerGateのプールに繋がっているのは当然ですね。

接続が完了すると New Job が入ってきて、その Jobの難易度が 1063だよってことでしょうか。採掘がはじまると 10秒ごとに FCN+XMRのハッシュレートは○○H/sだよ、と伝えてくれます。するとそのうち「Share submitted successfully!!!」となって、たぶん Jobが完了したんでしょうね。一仕事してやったぜぃ、みたいな !(^^)!

 


■仮想通貨 採掘用パソコン

仮想通貨を採掘させているパソコンですが、古いマシンです。だいたい24時間稼働させっぱなしで放置するんですから、ほとんど使っていないパソコンになっちゃいますよねぇ。それに、だいたいが採算取れない話ですから、本格的に採掘しようなんてまったく考えてませんから。

 

パソコンは Dellの Windows Vista機です。CPUは Core2 Duo E7400 2.8GHz、メモリーは4GBありますが 32bitOSですので実質 3GB。グラフィックはオンボードですが 320MBあります。こいつが効いているのか、他のパソコンよりハッシュレートが大きくなるようです。

現在連続稼働 4日あまりで、順調に動いています。サーバー機ではないので、たまには再起動したり休憩させたりしたいですね。

 

ハードウェアの監視用に HWiNFOを使っているのですが、マザーボードの温度が 90℃って表示があります。コアやディスクの温度は正常値なのですが、こいつだけがちょっと気がかり。まぁ正しい数値を表示しているかどうかっていうと、何とも言えませんが。

CPUファンの回転数を上げるとわずかに下がるようなので、冷却ファンの掃除とCPU放熱グリスの塗り替えをしました。結果 4℃下がって 86℃で安定するようになりました。マザーボードを触っても異常な熱さはないようなので表示している数値が不正なだけだと思いますけど、連続稼働させるってこともありますので掃除とグリスの塗り替えぐらいはやってよかったと思います。

 

ちなみに内緒ですけど (^_^;) 会社のパソコンは Core i3 ですが、大したこともしていないので仕事中に裏で採掘させてたりします。このクラスになると採掘にコア数 2 取れる (CPU稼働率50%) ので、家のパソコンの倍ほどのハッシュレートが出ますね。つまり全採掘量の40%は会社でやっちゃってるってことか ?! はっはっは (^_^;) コア数 3 に増やそっかな (*^_^*)

 


■仮想通貨 マージマイニング

仮想通貨の採掘(マイニング)が進んでおります (^_^;)

 

MinerGateではモネロ(XMR)とともにファントムコイン(FCN)を合わせて採掘(マージマイニング)することができるそうです。ならばと、

 

.¥minergate-cli.exe -user hoge@gmail.com -xmr+fcn 1

 

とやってみたらエラーになりました。なんだよ、できないじゃん、とブー垂れていたら -fcn+xmr としないとダメなんだって。

 

.¥minergate-cli.exe -user hoge@gmail.com -fcn+xmr  1

 

これでモネロとファントムコインの両方を採掘できるようになりました。

ハッシュレートはXMRだけのときと変わりません。効率よく二つの仮想通貨の採掘ができる方法なんだそうで、おまけがついてくる感じで嬉しいですね。

 

採掘を始めて1週間になりました。まだunconfirmedですが約 0.002544 XMRになっています。少し値上がりしているようで 1XMR 16,673円ほどですから、42円42銭になります。ファントムコインはマージして 1日半で約 0.010250 FCN、レートは17.44円ですのでまだまだ18銭足らずです。

 


■仮想通貨を採掘してみる

仮想通貨の採掘(マイニング)をやってみます。

えーと金儲けのためでなく、あくまでもパソコンに関する興味ってレベルです。ちょっとだけでも仮想通貨が手に入るといいなとか、手に入れた仮想通の値が上がってくれたら嬉しいなとか、思ってませ…ます (*^_^*)

仮想通貨や採掘に関してはここでは説明しません。ググってみてください。

 

採掘には MinerGate を使います。使い方は簡単ですし、これもググればすぐにわかります。

ところが GUI版の MinerGate は、Windows10 の Microsoft Defender にも嫌われるし、無料セキュリティソフトの Avast にも嫌われて「そいつはウィルスに感染しているぞ」攻撃が激しい。でもってなんだかねぇ、すべてが正常に動いているのかどうか、どうもすっきりしない。

 

そこで目を付けたのが、CUI版の MinerGate-Cli です。

こいつにはウィルスソフトも黙っているし、インストールはファイルを展開するだけだし、操作もコマンドを打つだけで実に簡単。だけどなぜか、ググってもやり方が出てこない。なんかね、CUI版はコマンドやらバッチファイルやら難しいことがわからないと使えない、みたいな (^_^;)

 

閑話休題

 

以下、Windows10の場合

 

  1. MinerGate のサイトから MinerGate-cli をダウンロード
  2. どこでもいいので、zipファイルを展開。デスクトップでもドキュメントでもかまいません
  3. 展開したフォルダを開く。minergate-cli.exe のある場所ですね
  4. フォルダの空白部分で shift+右クリック
  5. メニューの「PowerShell ウィンドウをここに開く」をクリック (Windows7ではコマンドウィンドウになります)
  6. 「.¥minergate-cli.exe -user hoge@gmail.com -xmr  1」と入力すると採掘開始
  7. 採掘終了は Ctrl+C

 

hoge@gmail.com はMinerGateの登録アドレスです。事前にアカウントを作成しておきます。

xmr は仮想通貨モネロのコードです。ファントムコインが掘りたければ fcn とします。

最後の数字は採掘を行うCPUのコア数です。core2 のパソコンで採掘しているので、半分の 1を当てています。2 にするとCPU稼働率が 100%に張り付いてしまいますので、いろいろ支障が出てしまいます。

 

FAQ :  How to start mining with MinerGate Console miner?

 

起動コマンドはバッチファイルにでもショートカットにでもしちゃえばいいですね。スタートアップに入れておけば、ログインすると採掘が始まります。デーモンにしてしまって常に裏で採掘させるとか。

とにかくコツコツ時間をかけて掘り出しましょう。

 


■IPv6を使ってみる 名前解決とフォルダ共有

IPv6アドレスが割り当てられてpingが通るようになりましたけど、IPv6アドレスは長い (´Д`)

だけど、WindowsVista以降ならホスト名で名前解決してくれます。

 

C:¥User>ping pc-1

pc-1 [fe80::2aa:bbff:fecc:ddee%2]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
fe80::2aa:bbff:fecc:ddee%2 からの応答: 時間 <1ms

 

「%2」はインターフェースの番号です。複数のインターフェースがある場合、ローカルリンクアドレスではどのインターフェースからパケットを送信するか指定しないといけません。

WireSharkでパケットキャプチャしてみると、LLMNRというプロトコルで名前解決していることがわかります。共有フォルダを覗いてみると、LLMNRで名前解決してSMB2で繋がっていることもわかります。

 

ちなみにエクスプローラーからIPv6アドレスを直接指定して共有フォルダにアクセスするときは、「:」を「-」に替えて、最後に「.ipv6-literal.net」を付け

 

¥¥fe80--2aa-bbff-fecc-ddee%2.ipv6-literal.net¥ShareDIR

 

というふうに記述します。

グローバルアドレスなら

 

¥¥2001-db8-ffff-ffff-2aa-bbff-fecc-ddee.ipv6-literal.net¥ShareDIR

 

って感じね。

 

ってことで、フォルダ共有もIPv6で繋がりました。


■IPv6を使ってみる ルーター設定

家LANのインターネット接続はNTT西日本のフレッツ光ネクスト隼です。光端末はホームゲートウェイで、インターネットアクセスはヤマハのルーターRTX1000で行なっています。ギガビットのルーターに替えたいんですけどねぇ (^_^;) まぁホームゲートウェイのルーターを使う手もあるんですけどねぇ…

 

それはさておき。

 

NTT西日本のNGNからIPv6を受けるには、ひかり電話の契約の有無で仕様が変わります。ひかり電話契約があるときはDHCPv6で、契約なしではRA。

でも、家LANではホームゲートウェイがIPv6を受けてくれているので、ルーターでそれを通してやればいいんですが、RTX1000の場合はRAを使うことになります。

ってことで、ルーターのコンフィグに以下を追加。プリフィックスをもらって、LAN側へ広告するって感じかな。

 

ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64

ipv6 lan1 address ra-prefix@lan2::1/64

ipv6 lan1 rtadv send 1

 

パソコンで ipconfig /all してみると、IPv6アドレスが振られていることが確認できます。

pingしてみましょう。

 

ping -6 2001:db8:ffff:ffff:ffff:ffff:ffff:ffff

 

応答があればOKです。

これで家LANでIPv6を使う準備ができました。

 


■IPv6を使ってみる、けど…

IPv6を使ってみましょう。

って、なにか良いことがあるのかどうかは、、、わかりましぇん (^_^;)

 

きっかけは、Windows10のパソコンで netstat した時に IPv6 のアドレスの接続が表示されたこと。ファイル共有が IPv6 で行われているようです。

で、ちょっと確認してみたんですが、Windows10 と Windows7 は IPv6 で繋がります。

WindowsVista はなにかちょっと様子が違うのですが、Windows10へは IPv6 で、逆に Vista へは IPv4 で繋がっているみたい。「¥¥fe80--aaaa-bbbb-cccc-dddd.ipv6-literal.net」としてみても、Windows10 へは繋がりますが、 Vista へは繋がりませんでした。ま、Vista についてはもういいですよね。

 

さて、しかし IPv6 のメリットってなんだ? 結局は IPv4 と IPv6 の両方を管理しなければならないために、ネットワークの負荷が大きくなるというデメリットしか思い浮かばないんだけどね (^_^;)  すべての機器を IPv6 に対応させちゃえば良いのか。それもなかなか難しいな。

 

まぁ勉強ですので、またなにかあったらいろいろやってみましょう。

 


<< | 2/52PAGES | >>

■calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend

■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM