■Zebedee サーバ設定ファイルを作る

VNC と FTP の暗号化が Zebedee で実現できましたので、これらの設定をまとめて設定ファイルを作ることにします。
サーバの設定ファイルのサンプルは、/usr/share/doc/zebedee-2.4.1A/server.zbd ですので、これを変更して使います。

まず、設定ファイルを置いておくディレクトリを作っておこうと思うのですが、そのあたりの作法がよくわかりません。設定ファイルは /etc に置くものらしいので、ここに Zebedee 用のディレクトリを作って、サンプル設定ファイルをコピーします。

# mkdir /etc/zebedee
# cp /usr/share/doc/zebedee-2.4.1A/server.zbd /etc/zebedee

vi で /etc/zebedee/server.zbd を開き、次の 3 行を編集します。


message "SERVER CONFIGURATION FILE"
detached true
redirect 2121,5900,30000-30030


message は起動したときに表示されるものですので、任意です。
detached は true を指定し、バックグラウンドで起動するようにします。
redirect はリダイレクトするポートを指定します。コマンドラインで -r で指定したものと同じです。
:wq で保存終了します。

Zebedee の起動は次のとおり。ゲートウェイはこれまでどおりです。

$ zebedee -f /etc/zebedee/server.zbd
$ tclsh /usr/bin/ftpgw.tcl -p 30000-30030

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend





■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM