■BlynkでArduinoを制御する

Blynk というアプリを使ってスマホから Arduino を制御し、L チカしてみました。

 

本来はイーサネットシールドを利用してインターネットに接続するのだそうですが、今回は Arduino をパソコンに USB 接続した状態で制御させます。

参考にさせていただいたサイトは以下です。ありがとうございました。

 

裸のArduino UNOでBlynk

Arduino over USB (no shield)

 

 

1. Blynk アプリの設定

 

俺は Android なので、Play ストアから Blynk アプリをインストール。

起動したらまずアカウントを作成します。

次に新しいプロジェクトを作ります。デバイスは「Arduino Nano」、接続タイプは「USB」としておきます。プロジェクトを作るとアカウントのメールアドレスへトークンが送られてきます。このトークンが制御する Arduino を識別することになります。

ウィジェットからボタンを選択し、アウトプットを「Digital D13」、モードを「SWITCH」とします。

 

 

2. Arduino の設定

 

GitHUB から blynk-library-master.zip をダウンロードし、IDE の「.ZIP 形式のライブラリをインストール」で取り込みます。

サンプルスケッチは /Arduino/libraries/blynk-library-master/examples/Boards_USB_Serial/ にある「Arduino_Serial_USB」です。この中の「YourAuthToken」を送られてきたトークンに書き換えて、Arduino に書き込みます。

 

 

3. パソコンの設定

 

USB 接続で Arduino を制御するために blynk-ser.sh を起動させる必要があります。blynk-ser.sh は /Arduino/libraries/blynk-library-master/scripts にあります。

まずこれに実行権限を与えます。

 

$ chmod +x blynk-ser.sh

 

実行してみます。

 

$ ./blynk-ser.sh

This script uses socat utility, but could not find it.

  Try installing it using: sudo apt-get install socat

 

socat がないぞと叱られました。インストールしましょう。

 

$ sudo apt update

$ sudo apt install socat

 

もう一度 blynk-ser.sh を実行してみましょう。

 

$ ./blynk-ser.sh 
Resetting device /dev/ttyUSB0...
[ Press Ctrl+C to exit ]
Connecting: FILE:/dev/ttyUSB0, ........

        :

        :

 

この状態でスマホ側の Blynk アプリからプロジェクトを起動すると、ボタン操作で Arduino の内臓 LED を点滅することができました。

blynk-ser.sh は Ctrl+C で中断できます。Arduino のスケッチを修正する場合などは中断して、USB を開放する必要があります。

 

ほんとの基本的なものでしたが、スマホから制御できるようになると一段と IoT 機器らしくなってきますね。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend

* 楽天ROOM *

■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM