おやこですりむ

 

■直す価値のないハードディスクを修復してみる の壱

以前修理したノートパソコン FMV-BIBLO NF/E70 から取り出した HDD ですが、表向きは特に異常が出ないけど、S.M.A.R.T. テストをすると read failure で中断してしまうという状態です。直す価値はないのではないかと思っています。が、物は試し修復してみようと思います。技術的な興味と後学のためとゆーことで (^_^;)

以下、壊れてもかまわない、データも消失してかまわないというレベルでの話ですので、真似してみようという物好きな人も自己責任でお願いします。

 

セルフテストの評価は PASSED になっています。

SMART overall-health self-assessment test result: PASSED

 

セルフテストのログです。read failure で中断しています。

Num  Test_Description    Status                  Remaining  LifeTime(hours)  LBA_of_first_error
# 1  Short offline       Completed: read failure       90%     25453         172907425

 

属性データの抜粋です。

ID# ATTRIBUTE_NAME          FLAG     VALUE WORST THRESH TYPE      UPDATED  WHEN_FAILED RAW_VALUE
  5 Reallocated_Sector_Ct   0x0033   100   100   024    Pre-fail  Always       -       1 (1999 1)
196 Reallocated_Event_Count 0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       1 (5 13648)
197 Current_Pending_Sector  0x0012   058   058   000    Old_age   Always       -       43
198 Offline_Uncorrectable   0x0010   046   046   000    Old_age   Offline      -       108

不良セクタに関連する数値の抜粋ですが、けっこう悪くなっている感じです。

 

テストでエラーになる LBA は 172907425 です。これがあるパーティションは /dev/sdf2 だということが以下でわかります。

$ sudo fdisk -l /dev/sdf
ディスク /dev/sdf: 465.8 GiB, 500107862016 バイト, 976773168 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x3f3c3b21

デバイス   起動 開始位置  最後から    セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sdf1  *        2048   1126399   1124352   549M  7 HPFS/NTFS/exFAT
/dev/sdf2        1126400 976771071 975644672 465.2G  7 HPFS/NTFS/exFAT

ファイルシステムは NTFS でブロックサイズは 4096 バイト、1 セクターは 512 バイトですから、問題の LBA が含まれるブロックは、

 

(172907425 − 1126400 ) × 512 ÷ 4096 = 21472628

 

となります。

ちなみに、ブロックサイズは NTFS では Windows のコマンドプロンプトで

> fsutil fsinfo ntfsinfo X:

でわかります。ext3 などは Linux で

$ sudo tune2fs -l /dev/sdf2

で調べることができます。

 

このブロックを潰します。

$ sudo dd if=/dev/zero of=/dev/sdf2 bs=4096 count=1 seek=21472628

1+0 レコード入力
1+0 レコード出力
4096 bytes (4.1 kB, 4.0 KiB) copied, 0.000202855 s, 20.2 MB/s

$ sudo sync

sync はメモリーとディスクを同期させるっていうコマンドです。

 

S.M.A.R.T. ショートテストしてみましょう。

$ sudo smartctl --test=short /dev/sdf

結果のログです。Completed without error となりました。

Num  Test_Description    Status                  Remaining  LifeTime(hours)  LBA_of_first_error

# 1  Short offline       Completed without error       00%     25457         -
# 2  Short offline       Completed: read failure       90%     25453         172907425

属性データもみてみましょう。

ID# ATTRIBUTE_NAME          FLAG     VALUE WORST THRESH TYPE      UPDATED  WHEN_FAILED RAW_VALUE

  5 Reallocated_Sector_Ct   0x0033   100   100   024    Pre-fail  Always       -       1 (1999 1)
196 Reallocated_Event_Count 0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       1 (5 13648)
197 Current_Pending_Sector  0x0012   059   058   000    Old_age   Always       -       42
198 Offline_Uncorrectable   0x0010   046   046   000    Old_age   Offline      -       108

ん〜、Current_Pending_Sector が一つ減っただけです。一つ潰しただけだから当然ですよねぇ。潰したけど Reallocated_Sector_Ct が増えないのはなぜ? HDD の詳しい知識がないので俺にはわかりません m(__)m

 

で、次にロングテスト ( 4時間近くかかりました) を行うと別の LBA でエラーが出ます。それを潰して、またロングテストして… あ〜それを 40回以上やります? つまり、Current_Pending_Sector が一つぐらいならこうして潰してもいけるのかな、って感じ。こんなに傷んでる HDD ではやる価値ないってことです。

じゃぁ次は、あっさり全部を 0 で潰してしまいましょうか。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend

* 楽天ROOM *

■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM