imini リペアセラム

 

■電源表示用 LED 基板を作る

先日ブレッドボードで、動作を確認しながらロジック回路を組み立てていましたら、突然入力が中途半端な電圧になって動作が不安定になるって現象が起きました。

いろいろ原因を調べているうちにアースラインが 0.1V になってることに気づきました。いくつものブレッドボードを繋げていたので、どこかで接触不良がおきているのではと考えて調べると、大元の電源回路からアースラインにつないでいるジャンパーピンでの接触不良でした。

この部分、サンハヤトのブレッドボードにサンハヤトのジャンパーピンを使っていましたが、まぁブレッドボードの信頼性ってこの程度のものなのだなぁと認識したわけで。ちなみに最近はもっと安いブレッドボードを使っています。

 

 

閑話休題

 

ジャンク基板から取り外した表面実装 LED があったので、専用の基板 (*1) に載せて電源表示用の LED 基板を作ってみました。よく電源をいれたまま作業してしまうので、注意喚起用ですね。

 

(*1) 秋月電子通商 チップLED変換パッド(12枚入)


電源表示LED基板

 

手ハンダなので LED が斜めになっているのはご愛嬌です (^_^;)  左下にチップ抵抗 (これもジャンク品) 330Ω をつけてありますので、5V ラインに繋ぐだけで点灯します。

さすがにこのサイズになると、老眼とか手の震えとか、高齢者には辛い工作です。といいつつ、2 個作っちゃいましたけど (^_^;)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend

■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM