メンズワキガ対策専門ブランドD AGICA【ディーアジカ】

 

■リレーを動かしてみる

ジャンク部品のリレー「信号リレー C2CA005G」を動かしてみます。コイル電圧 5V 、ノンラッチタイプの DPDT (Double Pole, Double Throw) です。

 

コンパレーターでマルチバイブレーターを作り、リレーを駆動して LED を点滅させる回路です。

R1 はデューティー比の調整用です。R4 とともにコンパレーターになっています。R5 と C1 の積分回路で方形波を発生させています。Q1 でリレーを駆動します。


コンパレーターとリレー

 

簡単な、っつーかテキトーな計算を (^_^;)

コンパレーターの出力が 4V ぐらいなので、+IN の基準電圧が 2V 程度になるように R2、R3 を決めてますが、ヒステリシスのための抵抗 R4 に近い値になるようにしました。

積分回路の時定数は 330KΩ × 1μF で、周期はまぁだいたい 1.5倍ぐらいなので 0.5 秒ですね。難しい計算は嫌いです (^_^;)

リレーのコイルの抵抗値が 83Ω ですので 5V 電源で 60mA 流れます。KSC1815Y のコレクタ電流は 150mA ですので使えますね。増幅率を 40 としてベース電流は 1.5mA 。オペアンプ BA10324AF の出力電流は 20mA ですので十分駆動できます。ベース抵抗 R6 は (4.0V - 0.7V) / 1.5mA = 2.2KΩ です。手元に 2.2KΩ がなかったので、4.7KΩ を 2 本並列にしてます (^_^;)

リレーのサージ吸収用のダイオード 1S1588 は手元にあったスイッチング用なので良くないです。逆耐電圧が 35V しかありませんので壊れるかも。ここは最低でも逆耐電圧 50V 以上のダイオードにすべきですよ。

 

ブレッドボードです。


ブレッドボード

 

左側の白い四角い部品がリレーです。このリレーのコイルは極性があり、プラス・マイナスを逆につなぐと動きません。最初それに気づかず、動かなくて悩んでしまいました (^_^;)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend

* 楽天ROOM *

■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM