imini リペアセラム

 

■マルチバイブレーターを作る (3)

非安定マルチバイブレータ−というか LED 駆動回路というか、とにかくなんだかハマってます (^_^;)

発振に影響を与えないようにパルスを取り出して LED を駆動するために、PNP トランジスタを 1段入れて、こんな回路にしてみました。Q3 を単純なスイッチング回路にしても良かったのですが、できるだけベース電流を小さくしたかったので、エミッタ側に抵抗を入れました。これはベース接地ってことでいいのかな。

 


マルチバイブレータ−回路図

 

Q2 がオンのときの各部の電圧です。

電源電圧 5.08V

Q2 コレクタ電圧

0.08V

Q3 ベース電圧

1.06V

Q3 エミッタ電圧

1.72V

Q4 ベース電圧

0.75V

R8 両端電圧

2.53V

 

Q3 のエミッタ電流は 0.67mA (*注) 、ベース電流は 4.5μA 、増幅率は 150 ぐらいになっています。

Q4 のベース電流が 0.59mA 、コレクタ電流は 16.9mAですので増幅率は約 29 。この LED は電流を増やしてもこれ以上は明るくならないようです。

 

(*注) 4.7KΩ の抵抗が手元になかったので、10KΩ を 2個並列にしています。

 

代わり映えしませんが (^_^;) ブレッドボードです。


ブレッドボード

 

左側から +5V電源回路、非安定マルチバイブレーター、右側が PNP トランジスタを追加した LED 駆動回路です。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend

■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM