めぐり娘

 

■linuxBean 16.04 softetherVPN Client アドレスを取得すると切れる

VPN サーバーに、IPv6 では繋がったものの IPv4 アドレスを DHCP サーバーから取得すると繋がらなくなってしまう話の続きです。

 

困ったときはパケットキャプチャしてみましょ。

 

クライアントを起動して IPv6 が繋がっているとき、VPN につながっている家サーバーなどからのブロードキャストが届いています。IPv6 もいろいろやり取りしていました。問題はないように感じます。

そこで ifup すると DHCP からアドレスをもらうのですが、その後は応答のこない ARP だけが送信されていきます。VPN サーバー側はどうなっているのだろうとセッションを確認してみると、クライアントは繋がっていません。アドレスを取得すると VPN から切断されてしまうようです。

 

どうすれば良いのかわからずつらつらとグーグル先生に相談、教えてもらったのが Linuxmania.jp:リナックスマニア でした。

こちらのページ SoftEther で VPN 環境を作ろう には softetherVPN のサーバー、クライアントのインストールから設定、そして接続の方法まで書かれています。

 

それによれば、VPN を接続してもまだ IPv4 アドレスは割り当てられないので、次のコマンドで DHCP サーバーより取得します。

 

$ sudo dhclient vpn_{仮想LANカードの名前}

 

すると IP アドレスが割り当てられますが、VPN 側のゲートウェイも取得してしまいます。そこで、

 

$ route -n

 

VPN 側のゲートウェイを確認し、次のコマンドで削除する、のだそうです。

 

$ sudo ip route del default via {VPN 側ゲートウェイの IP アドレス}

 

ありがとうございます。どうやらうまくいきそうです。 ....解決編へ (^_^;)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend





■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM