■linuxBean 16.04 softetherVPN Client の設定

linuxBean 16.04 のパソコンに softether VPN Client をインストールできましたので、家サーバーに接続するための設定を行います。

 

設定はコマンドライン管理ユーティリティ vpncmd を使用します。別の Windows パソコンからクライアント接続マネージャを利用して行なうこともできますが、その場合は「リモート管理を許可する」を有効にしておく必要があります。リモート管理を許可するコマンドは「RemoteEnable」です。

 

1. vpncmd の起動

ディレクトリ vpnclient へ移動して vpncmd を起動します。

cd /usr/local/vpnclient

sudo ./vpnclient start

sudo ./vpncmd

 

2. 管理モードの選択

起動すると管理モードを聞かれますので、 VPN Client の管理モードを選択します。接続する端末は localhost ですのでそのまま Enter を押します。

 

3. 仮想 LAN カードの作成

NicCreate

仮想 LAN カードの名前を聞いてきますので入力します。

 

4. 接続設定の作成

AccountCreate

接続設定の名前、接続先ホスト名、ポート番号、接続先仮想 HUB 名、ユーザー名、仮想 LAN カード名を入力します。

 

5. ユーザー認証の種類をパスワード認証に設定

AccountPasswordSet

パスワードを入力します。パスワード認証の種類は標準パスワード認証を選択します。

 

6. スタートアップ接続に設定

AccountStartupSet

接続設定の名前を入力します。スタートアップ接続にすると vpnclient が起動すると同時に自動的に接続開始します。

 

7. 接続の開始・切断

AccountConnect

AccountDisconnect

どちらも接続設定の名前を入力します。

 

 

コマンドはパラメータを引数として指定することができます。詳しくは「SoftEther VPN マニュアル」を参照してください。

 

さて、これで家 VPN サーバーへ接続できるかと思いきや、そうは問屋が卸してはくれませんでした。 ....続く

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend





■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM