■無線LAN親機WSR-2533DHPの設定(ルーターモード)

バッファローの無線 LAN 親機 WSR-2533DHP の設定を行ないましたので、メモです。

NTT 西日本フレッツ光ネクスト・ファミリーハイスピードがひかり電話契約なしで入っているので、ONU に接続します。インターネットアクセスはこの無線 LAN 親機で行います。

無線 LAN はスマートホンやタブレットなどのインターネットアクセス用で、特別な設定はありません。

という、今回もなんてことのない話です。

 

 

1. モードスイッチの切り替え

無線 LAN 親機はルーターモードで動作させますので、「AUTO/MANUAL」スイッチを「MANUAL」に、「ROUTER/AP/WB」スイッチは「ROUTER」に切り替えます。

毎度のことですが、「MANUAL」にするのは後々誤動作でトラブルになるのを防止するためです。「AUTO」のままだと WAN 側の環境を勝手に検知して PPPoE になったり DHCP クライアントになったりしてしまい、意図した動きをしてくれないことがあります。

 

2. パソコンから設定画面に入る

モードスイッチを切り替えたら、LAN ポートにパソコンを接続して電源を入れます。無線LAN親機の IP アドレスは 192.168.11.1 /24 で、パソコンへは DHCP サーバーが自動的に IP アドレスを割り当ててくれます。

ブラウザを立ち上げると勝手に http://192.168.11.1/auto_detect_entrance.html へ飛ばされて WAN 側の自動判別が行なわれます。これは「インターネット@スタート」というモードになっているためです。アドレス欄に http://192.168.11.1 と入力すればログイン画面が表示されます。ユーザー名は admin、パスワードは password が初期値ですので、入力します。

 

3. Internet 設定 (WAN側設定)

Internet 設定で「IP アドレス取得方法」を PPPoE に変更します。「AUTO」のままだとこのメニューは表示されません。

PPPoE 設定で接続先ユーザー名とパスワードを設定します。接続方法が「常時接続」ならばその下の自動切断の設定は無効ですので、さわる必要はありません。

 

4. 無線設定

無線関係の設定は初期値のままで変更しません。

SSID や 暗号化キー (事前共有キー) を変えたければ「詳細設定」-「無線設定」で変更します。2 台以上のアクセスポイントを設置する場合などは、すべての SSID と暗号化キーを同じにすることでローミングできるようになります。

 

5. 管理パスワードを変更する

最近いろいろと話題になる初期パスワードを変更しない問題 (^_^;) 管理パスワードは「詳細設定」-「管理」-「システム設定」で変更しておきましょう。

 

 

ってことで設定終了です。

設置接続は、 ONUの LAN ポートから無線 LAN 親機の WAN ポートへ繋ぎます。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend





■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM