めぐり娘

 

■ultraVNC リモートデスクトップソフトを変更

自宅の Windows10 パソコンのリモートデスクトップに、これまで TeamViewer を利用していたんですけど、先日来「商用利用を検出しました」とか言われるようになりました。まぁ、利用している時間とか台数とかけっこうディープといえばディープなので、仕方ないのかなぁとも思ってますが、個人でライセンス買うには高すぎる。

 

ってことで、以前利用していた ultraVNC に変更することにしました。

 

ultraVNC のダウンロードはここから。

インストールも特に難しいことはありません。日本語化なんて必要もないと思います。インストールの範囲は、サーバー側は「サーバーのみ」でも良いのですが、他の機能も試せるように「フルインストール」としました。サービスはインストールし起動しておきましょう。

クライアント側は「ビュワーのみ」とします

 

 

サーバー側の設定

最低限必要なのはパスワードの設定です。その他は必要に応じて。

切断時の動作を「ログオフ」にすると、シャットダウンや再起動が正常にできなくなりました。「ロック」にしておくのが良いと思います。

 

 

クライアント側の設定

「ホスト名:ポート番号」で接続できます。ポート番号はディスプレイ番号でも可です。自動の場合は省略できます。

オプションで「Japanese keyboard」にチェックを入れておけば「半角/全角」キーが有効になります。「Auto Scaling」にチェックしておけば、ディスプレイサイズをクライアントに合わせれくれるので楽です。「Save connection setting as default」にチェックして接続すると、その設定が保存され、次回起動時も同じ設定を利用できます。

 

 

TeamViewer では中継サーバーを経由して接続されていましたので、ルーター越えも全く気にする必要がありませんでした。でも ultraVNC は P2P ですので、サーバー側ルーターのポートを開ける必要があります。また、暗号化もされていませんので、DSM を利用するなどして暗号化しなければいけません。やっぱり VPN で接続するのが最善かと思います。

もうひとつ重宝していた TeamViewer の機能に Wake on LAN があります。これも利用できませんので、適当な WoL 用ソフトを利用します。サーバーの起動状態の確認は Remote Power というソフトを利用しています。WoL もできるので便利ですよ。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend





■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM