■Ubuntu ServerをExpress5800/110Geにインストール

NEC Express5800/110Ge に Ubuntu Server をインストールします。

Ubuntu のバージョンは 12.04.3 LTS で良いのですが、13.04 (Raring Ringtail) がリリースされていましたので、こちらを使うことにしました。ミラーサイトから ubuntu-13.04-server-i386.iso をダウンロードし、インストールディスクを作っておきます。
ソフトウェア RAID5 を構築しようと思い試行錯誤したのですが、以下の手順どおりに実行しても途中でエラーが出たりして、やるたびに微妙に異なってしまうことがあるんですね。原因はわからないのですが、とにかくまぁこういう方向でインストールするってことで。
ハードディスクは 250GB 4台搭載しています。すべてのパーティションを削除し未使用としておきます。マザーボードのジャンパースイッチは「RAID未使用」に設定。
そして、ネットワーク設定が済むまではLANケーブルを抜いて、DHCPサーバーから切り離しておきます。DHCPサーバーがあるとネットワーク設定が手動でできません。

1. ubuntu インストール DVD から起動。

2. Language は「English」を選択。

3. メニューが表示されるので「Install Ubuntu Server」を選択。

4. Select a language :
インストール時の言語も「English - English」を選択。

5. Select your location :
タイムゾーンは「other」-「Asia」-「Japan」と選択していく。

6. Configure locales :
ロケールも「United States - en_us.UTF-8」とする。

7. Configure the keyboard :
キーボードの自動検出はしない。
        Detect keyboard layout? : <No>
        Country of origin for the keyboard : Japanese
        Keyboard layout : Japanese

8. Cofigure the network :
ネットワーク設定を手動で行う。
「Network autoconfiguration failed.」と表示されるので <Continue>
        Network configuration method : Configure network manually
        IP address : 192.168.1.10
        Netmask : 255.255.255.0
        Gateway : 192.168.1.1
        Name server addresses : 192.168.1.1
        Hostname : ubuntu
        Domain name : (空白)
ここでLANケーブルを挿し、ネットワークに接続。

9. Set up users and passwords :
ユーザー名とパスワードを設定。
        Full name for the new user : username
        Username for your account : username
        Choose a password for the new user : password
        Re-enter password to verify : password
        Encrypt your home directory? : <No>

10. Configure the clock :
「your time zone is Asia/Tokyo.」と表示されていれば  <Yes>

11. Partition disks :
パーティションの作成。
        Partitioning method : Guide - use entire disk
        Select disk to partition :
1台目の「SCSI1 (0,0,0) (sda) - 250.1 GB ATA WDC WD250...」を選択すると、自動的にパーティションが作成され、
 

The partition tables of the following devices are changed :
        SCSI1 (0,0,0) (sda)
The following partitions are going to be formatted :
        partition #1 of SCSI1 (0,0,0) (sda) as ext4
        partition #5 of SCSI1 (0,0,0) (sda) as swap


と表示されるが、ここでは
        Write the changes to the storage devices and configure RAID? : <No>
と回答する。

続けて残りの 3台のHDDに同様の設定を繰り返す。
        Partitioning method : Guided partitioning
        Guided - use entire disk
        Select disk to partition : SCSI2 (0,0,0) (sdb) - 250.1 GB ATA WDC WD250...
                :
 
すべてのHDDにパーティションが設定できたら「Configure software RAID」を選択。
 

        The partition tables of the following devices are changed :
                SCSI1 (0,0,0) (sda)
                SCSI2 (0,0,0) (sdb)
                SCSI3 (0,0,0) (sdc)
                SCSI4 (0,0,0) (sdd)
        The following partitions are going to be formatted :
                partition #1 of SCSI1 (0,0,0) (sda) as ext4
                partition #5 of SCSI1 (0,0,0) (sda) as swap

 
と表示されるので、
        Write the changes to the storage devices and configure RAID? : <Yes>
と回答する。

MD デバイスを作成。
        Software RAID Configuration actions : Create MD device
        Software RAID device type : RAID5
        Number of active devices for the RAID5  array : 4
        Number of spare devices for the RAID5 array : 0
        Active devices for the RAID5 array :
OS をインストールするパーティション sda1, sdb1, sdc1, sdd1 を選択し <Continue>
        Write the changes to the storage devices and configure RAID? : <Yes>

同様にスワップ領域とする sda5, sdb5, sdc5, sdd5 をRAID5に設定する。

        Software RAID Configuration actions : Finish

続けて、パーティションの設定を行う。
 

        RAID5 devices #0 - 740.1 GB Software RAID device
                #1                740.1 GB
                                      512.0 B    unusable
        RAID5 devices #1 - 9.6 GB Software RAID device
                #1                    9.6 GB
                                      512.0 B    unusable

 
OSをインストールするパーティション「#1  740.1 GB」を選択し
        use as : Ext4 journaling file system
        Format the partition : yes, format it
        Mount point : / - the root file system
と設定して、
        Done setting up the partition
swap領域とするパーティション「#1  9.6 GB」を選択し、
        use as : swap area
        Done setting up the partition
完了したら、
        Finish partitioning and write changes to disk
 

        The following partitions are going to be formatted :
                partition #1 of RAID5 device #0 as ext4
                partition #1 of RAID5 device #1 as swap

 
と表示されたら、
        Write the changes to disk? : <Yes>
と回答し、パーティションの作成、設定は完了。

12. インストールが始まる。
プロキシは使用しないので空白とする。
        HTTP proxy information (blank for none) : (空白)
 自動でのアップデートは行わない。
        How do you want to manage upgrades on this system? : No automatic updates
 ここではソフトウェアのインストールはしない。
        Choose software to install : (何も選択せずに) <Continue>
 GRUB ブートローダーのインストールをするかと聞かれるので、
        Install the GRUB boot loader to the master boot record? : <Yes>
と回答。

13. インストールが完了するとインストールディスクがエジェクトされるので、ディスクを取り出して <Continue>

14. システムが再起動され、Ubuntu が起動。

設定したユーザー名とパスワードでログインできれば、Ubuntu Server のインストール完了です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend

* 楽天ROOM *

■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM