■Windows 8 / Windows Vista のデュアルブート

今度は、現在 Windows Vista と Ubuntu 12.10 とで使用しているパソコンを、Windows 8 と Windows Vista とのデュアルブートにしてみましょう。

  1. 現在の Windows Vista の C ドライブとデータ用の D ドライブをバックアップします。バックアップには「Paragon Backup & Recovery 2013 Free」を使用しました
  2. ハードディスクのパーティションを変更
    Backup & Recovery 2013 Free のリカバリーディスクでパーティションを切りなおし、以下のようにしました。将来的に Vista 用の領域はデータ用に統合することになると思います。
        パーティション 1      80GB    Windows 8 用 (NTFS)
        パーティション 2    138GB    データ用 (NTFS)
        パーティション 3      80GB    Windows Vista 用 (NTFS)
  3. パーティション 3 に、先程バックアップした Windows Vista をリストア
  4. 再起動して Windows Vista が起動することを確認
  5. パーティション 2 にデータをリストア

これで Windows 8 の領域を確保したうえで、Windows Vista を復旧できました。

次に Windows 8 をインストールします。「Windows 8 クリーンインストールしてみる」を参照。インストールする場所はパーティション 1 を選択します。

インストール完了後再起動すると OS の選択画面が現れます。が、Windows Vista のMBR が引き継がれているので、デュアルブートしていた Ubuntu 12.10 の残骸が残ってしまっていますね (^_^;)

OS 選択画面

とりあえず Windows 8 と Windows Vista が起動できることを確認して、今日はここまでにしましょう。この OS 選択画面の修正は次回とすることにします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

■search this site.

■recommend

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

■recommend





■Twitter

■recommend

■recommend

■selected entries

■categories

■archives

■recent comment

■recent trackback

■links

■profile

■others

■mobile

qrcode

■powered

無料ブログ作成サービス JUGEM